nlpプラクティショナーになるには|アウトプットもしっかりと行う

レディー

ネイルが好きなら

ネイルチップ

資格を取る

ネイルは女性に大変人気のおしゃれでネイルサロンに通う女性が珍しくない時代になりました。セルフネイルをする人も多く、デコレーションや模様を施したりストーンを使った華やかなもの、絵がリアルに描かれた芸術的なものまで様々です。こういった背景からネイリストとして勉強する人も年々増えてきており、ネイリスト検定での資格取得がメジャーとなってきています。ネイリスト検定には大きく分けて4つの種類、INAのネイルスペシャリスト技能検定とジェルネイル技能検定、JNECのネイリスト技能検定、ジェルネイル技能検定があります。それぞれの検定は3つの級に分かれており、自分のレベルに合わせて受けることができます。資格を選ぶ際には自分の目的を明確にすることも大切です。プロとして働くことを目指す場合はどの資格も2級以上の取得を目指すことで有利になります。ネイリスト検定に受かることでネイル関係の就職にも有利になり、自宅開業も可能です。またセルフネイルをする人も自分のスキルを上げることにつながります。

準備は入念に

ネイリスト検定は筆記と実技での試験があります。実技試験においてはその準備も試験項目にはいるので注意が必要です。道具衛生管理はもちろんのこと、それぞれのラベリングも名称に間違いがないか、などのチェックを怠らないようにする必要があります。他にもテーブルセッティングやモデルについてのチェックポイントもあるため、通常の実技チェックポイントと合わせて確認しておくことが安心です。また試験当日も道具を取り出しやすくしておりたり、消毒液をポンプ式にしておくことで試験中や準備の際に時間短縮になります。そして使用するポリッシュの筆も新品ではなく普段使用しているものにしておくことで、慣れたハケの状態のものを使えるので本番に失敗しにくくなります。